ジャパニーズウイスキーのベスト11ブランド

桜の近くでヒビキwhyskyボトルを持っている手

現在お近くの最も人気のあるバーで入手可能な最高のジャパニーズウイスキーブランドは、大金においしい価値を提供します。スコッチとの比較は基本的に避けられませんが、日本の最高の表現がそれ自体で完全にユニークではないという意味ではありません。それは独特のボトルをはるかに超えてその中のスピリッツにまで及び、それは一般的にフルーツ、シリアル、バニラ、そしてモルト大麦の甘美なノートを届けます。ニッカ、ヒビキ、ヤマザキなどのブランドがかつてないほど人気を博しているのも不思議ではありません。

その間、あなたは不思議に思うかもしれません:なぜ最高のジャパニーズウイスキーはそれほど高価なのですか?ええと、高品質の食材と適切な熟成は安くはありませんし、ジャパニーズウイスキーをオーストラリアに輸入するプロセスもありません。さらに、日本の主要な蒸留所のいくつかは、実際のウイスキー不足に至るまで、世界的な需要に追いつくのに苦労しています。したがって、Dan Murphy’sの検索バーにジャパニーズウイスキーを入力すると、100オーストラリアドル未満でまともな表現を見つけることができます。

何を探すべきかを知っていると仮定して、それでも価値があると言っています。それほど広くないジャパニーズウイスキーの世界を探検し、最高のブランドから最高のドラムの概要を提供する、信頼できるガイドをご覧ください。しかし、最初に、簡単な歴史のレッスン。

山崎ウイスキー

ジャパニーズウイスキーの歴史

日本は早くも1870年に独自のウイスキーを作り始めましたが、商業生産は1920年代初頭まで始まりませんでした。その時、鳥井信治郎という酒の輸入業者が、優れた水供給で知られる京都郊外の山崎に国内初の蒸留所を開設しました。鳥居の最高経営責任者を務めたのは、竹鶴政孝という元学生で、スコットランドで3年間ウイスキーの蒸留方法を学びました。

1934年、竹鶴は北海道に余市蒸留所を開業しました。蒸留所の名前はそのままですが、竹鶴の会社は最終的にニッカになります。一方、鳥居の会社は後にサントリーになります。ジャパニーズウイスキー愛好家なら誰でも証明できるように、両社は引き続き大きく成長しています。

数十年が経過するにつれて、ジャパニーズウイスキーは多くの衰退と流れを経験しました。 1970年代から1980年代初頭にかけて、世界的な需要の急増により、適度な数の新しい蒸留所とラベルが生まれました。その後、世界的な人気が低下し、最近復活しました。現在、日本には約9つの蒸留所があります。

山崎ウイスキー樽

なぜジャパニーズウイスキーはとても良いのですか?

エキゾチックなトレンドになると、希少性や独占性などに基づいて品質を誇張する傾向があります。ジャパニーズウイスキーも例外ではありません。私たちが言おうとしているのは、最も近い専門家があなたに何を言っても、その精神は他のどの形態のウイスキーよりも本質的に優れているわけではないということです。他のものと同じように、素晴らしいジャパニーズウイスキーとそれほど素晴らしいジャパニーズウイスキーはありません。それでも疑問が残ります。なぜジャパニーズウイスキーはそのように味わうのでしょうか。

もちろん、その答えは、スコットランドからさまざまな手がかりを得ている生産方法に要約されます。たとえば、ジャパニーズウイスキーは、ほとんどの場合、輸入された麦芽大麦から作られ、その一部はピートされています。スコッチウイスキーと同様に、ジャパニーズウイスキーも伝統的に単式蒸留器を使用して2回蒸留され、元バーボンまたは元シェリー樽で熟成されます(一部はジャパニーズオークで熟成されます)。

とはいえ、ジャパニーズウイスキーとスコッチウイスキーは間違いなく独自の調和を持っています。 1つの変数は日本の気候であり、気温の変動が大きく、ウイスキーの熟成速度が速くなります。日本の蒸留所も、発酵中にさまざまな種類の酵母を使用したり、単式蒸留器の形状を実験したりするなど、生産時にさまざまな革新を採用しています。これは、順番に、独特のフレーバーとプロファイルのより広い範囲につながります。

ジャパニーズウイスキー2

ジャパニーズウイスキー不足

サントリーは昨年、白州12年と響17年という最も大切な表現の2つを廃止しました。日本がウイスキー不足の真っ只中にあったことは、最初の警告の兆候の一つでした。最高のジャパニーズウイスキーのほとんどは熟成するのに何年もかかるため、不足は無期限に続くと言っても過言ではありません。どうやら、あなた できる 良いことが多すぎます。

それはすべて、基本的な経済学の教科書のケースになります。 1980年代半ばから2011年頃にかけて、ジャパニーズウイスキーは世界の舞台で不明瞭になり、ブランドは供給を減らし、少なくとも1つの蒸留所を閉鎖するようになりました。その後、世界的な需要が急増しました。これらの2つの一致する要因の結果として、日本の蒸留酒製造業者は現在、最高の表現の供給が限られています。これが、最高のジャパニーズウイスキーが非常に高価であり、今後もそうなる可能性が高い理由でもあります。

ジャパニーズウイスキーのベスト11ブランド

山崎ウイスキー

1.山崎

すべてを始めた蒸留所はまだ稼働しており、唇を横切る最高のジャパニーズウイスキーを製造しています。さらに、山崎は静止画の形とサイズ、そして熟成に使用する樽の種類を実験し続けています。ブランドのトップヴィンテージのすべての一口から、豊かな質感、明白な複雑さ、紛れもないキャラクターを期待してください。

現金に余裕がある場合は(数千ドルなど)、シェリー樽でのみ熟成され、年間12,000本に制限されている山崎25年シングルモルトを追跡します。同様の方針に沿って、山崎の18歳のシングルモルトは伝説的なものですが、それも法外に高価になる可能性があります。賭けをヘッジするには、受賞歴のある12年間のドラムから始めます。それでも費用はかかりますが、それほど多くはありません。

創設者: Shinjiro Torii
発売: 1923年
ロケーション: Yamazaki, Shimamoto, Osaka Prefecture, Japan

見てみな

白州ウイスキーのボトルと箱

2. Hakushu

山崎と同様に、白州はサントリーが所有しており、それぞれの12年、18年、25年のシングルモルトで最もよく知られています。元の蒸留所は甲斐駒山の森にありましたが、現在、近くの2番目の蒸留所で生産が停止しています。スモーキーなウイスキーがお好きなら、これを日本のブランドとしてお選びください。各ベンチマーク式は、泥炭火で乾燥された100%麦芽大麦から蒸留されます。 25年が最高の味で、最も費用がかかると言う必要はありません。おいしい煙を追加するには、白州ヘビーピートを追跡します。

発売: 1973年
ロケーション: 2913-1 Torihara, Hakushu-cho, Hokuto-shi, Yamanashi Prefecture

響ウイスキーボトル

3. Hibiki

シングルモルトを熱心に誓う人々は、サントリーのブレンデッドウイスキーアームであり、最も評価の高い日本のブランドの1つである響を見逃しています。響21年や30年のような声明は、地球上で最もおいしいウイスキーのいくつかと広く見なされています。あなたが実際に買うことができる何かのために、HibikiHarmonyは確かに十分です。花の香りの向こうには、しなやかな甘さと軽いスモークの滑らかなボディがあります。

発売: 1989年

洋一ウイスキーボトル

4.陽一

1934年に自分の蒸留所を設立するために分岐した竹鶴政孝を覚えていますか?ええと、その蒸留所は陽一という名前で呼ばれ、今でもプレミアムジャパニーズウイスキーを製造しています。このニッカが所有するブランドは、ほとんどの競争でかなりの有利なスタートを切り、その過程であらゆる種類の材料と技術を試しながら、さまざまなおいしいクラシックを作ることができました。とは言うものの、15年のピートシングルモルトや20年のシングルモルトのような率直な発言は依然として最善の策です。どちらかを味わう特権は間違いなくあなたに費用がかかります、しかしあなたはすでにそれを知っていました。

創設者: Masataka Taketsuru
発売: 1940年
ロケーション: 北海道

宮城峡ウイスキーボトル

5. Miyagikyo

以前は仙台として知られていたニッカの宮城峡蒸留所は、いくつかのユニークな表現で際立っています。殴られた道を離れると、2017年のラムウッドフィニッシュシングルモルトやシェリー&スウィートのようなステートメントが見つかります。後者は樽の強さで瓶詰めされています。より伝統的なものに固執したい場合は、15歳のシングルモルトウイスキーが失望することはありません。

発売: 1969年
ロケーション: 宮城県仙台市

ニッカウイスキーボトル

6.ニッカ

私たちはニッカをテーマにしていますが、会社の名前でリリースされたブレンドの範囲について言及する必要があります。バレルのニッカウイスキーは、最も高い評価を得ています。麦芽と穀物ウイスキーの100種類以上のバッチから選別され、すべて洋市と宮城峡の蒸留所で生産されています。シェリー、うま味、シナモン、オレンジの皮、そしてほんの少しの煙のノートが全身に詰め込まれています。ヤム。

創設者: Masataka Taketsuru
発売: 1934年
ロケーション: 東京、日本

見てみな

キリンウイスキーボトル

7.キリン

日本のビール愛好家なら誰でもキリンという名前を知っているでしょうが、巨大な飲料会社が山の南東端に蒸留所も運営していることをご存知でしたか。富士?キリンディスティラリーまたはフジ御殿場蒸留所の名前で呼ばれ(誰に尋ねるかによって異なります)、少量のバッチブレンドと17年間のシングルモルトを製造します。ブランドで最も人気のあるブレンドであるキリン富士山麓50プルーフは、ウイスキーの不足により最近販売が終了しましたので、お早めにご利用ください。

発売: 1885年(漢城条約)

ちちぶウイスキーボトル

8.秩父

紹父は1973年以来の最初の新しい日本の蒸留所として、2008年に立ち上げられ、わずか数年で世界的な復活を期待して、絶好のタイミングで参入しました。このウイスキーブランドが地に足を踏み入れたと言うことは、特に小さなバッチのシングルモルトに関しては控えめな表現になります。このレーベルの真のシッパーの中には、イチローのモルトチチブ「ThePeated」2015キャスクストレングスやイチローのモルトチチブ「オンザウェイ」シングルモルトなど、高い評価を得ている年次リリースがあります。

創設者: Ichiro Akuto
発売: 2007年
ロケーション: 埼玉県

Shinshu whisky bottle

9. Shinshu

日本アルプスの海抜2600フィートに位置するのは、信州としても知られる国内で最も高い蒸留所です。標高が高いことに加えて、適度な湿度と十分な量の純粋な水があり、それぞれブランドのシングルモルトと人気のあるブレンドに影響を与えます。このレーベルができることをよく理解するには、岩井伝統のドラムを注文してください。シングルモルトとシングルグレインウイスキーの両方で構成され、ブライン、アーモンド、ペッパーコーン、モルト、ピートスモークのノートを提供します。

創設者: Masataka Taketsuru
発売: 1985年
ロケーション: 長野県

Akashi whisky bottle

10. Akashi

日本のホワイトオーク蒸留所は1984年に立ち上げられ、2007年まで明石のラベルで最初のシングルモルトをリリースしませんでした。約10年先に進むと、このブランド名がシングルモルトとブレンドに同様に表示されます。ダンマーフィーの数少ない明石ウイスキーの中から選ぶことができますが、明石ホワイトオーク5シェリー樽シングルモルトなど、レーベルの最高の表現は見つかりません。層を深くすることで、ブラウンシュガーとチェリーの甘いノートと塩水とスパイスのバランスを取ります。

発売: 1984年
ロケーション: Seto Inland Sea Akashi, Hyogo

カルイザワウイスキーボトル

11. Karuizawa

華やかなボトルのデザインを一目見れば、1955年に立ち上げられ2011年に正式に閉鎖されたカルイザワ蒸留所に恋をすることができます。最近の珍しいボトルのコレクションがオークションで記録的な価格を獲得したとき、とらえどころのないブランドは多数のバケットリストのトップ。これらの珍しいヴィンテージが高額の入場料に値するかどうかは、年月が経つにつれてますます少なくなる飲酒者が知ることになるでしょう。

発売: 1955年
ロケーション: Maseguchi 1795-2, Miyota-machi, Kita-Sakugun, Nagano Prefecture

あなたも好きかも:
オーストラリアの最高の蒸留所へのガイド
スモーキースコッチ愛好家のための15のベストピートウイスキー
あなたの酒のキャビネットに追加する15の最高のライウイスキー