特別な日の30のシックなブライダルヘアスタイル

美しいヘアスタイルの完璧なファッションモデルの女性。プロムまたはBr

ブライダルヘアスタイルは、つまらないもの、息苦しいもの、伝統的なものである必要はありません。代わりに、彼らはトレンディでシックで新鮮なことができます!長くゆるいウェーブからピクシーカットや三つ編みに至るまで、あらゆる顔の形、髪の質感、長さに合わせて、今日の最高のブライダルヘアスタイルを集めました。あなたはこれらのルックスの1つに恋をすることが保証されています。それでは、なぜあなたの結婚式の日までそれらを試してみるのを待ちますか?

関連: ブライドメイドのための15の美しいヘアスタイル



目次 1.アップ 2.パン 3.ロングブレード 4.ハーフブレード 5.ポニーテール 6.サイドブレード 7.ルーズウェーブ 8.バレリーナパン 9.ナチュラルカール 10.ヴィンテージアップ 11.黄金時代の波 12. Low Bun 13.ハーフアップハーフダウン 14.サイドパート 15.ピクシーカット 16.編組ハロー 17.フィッシュテイルブレード 18.フレンチツイスト 19.中間パート 20.ヘッドバンド付きのブライダルヘアスタイル 21.花のあるブライダルヘアスタイル 22.ティアラのブライダルヘアスタイル 23.ヘアコーム付きブライダルヘアスタイル 24.クリスタルヘアクリップ付きのブライダルヘアスタイル 25.ロングヘアのブライダルヘアスタイル 26.ミディアムレングスヘアのブライダルヘアスタイル 27.ショートヘアのブライダルヘアスタイル 28.ナチュラルブラックブライダルヘアスタイル 29.ベール付きのブライダルヘアスタイル 30.シンプルなブライダルヘアスタイル

1.アップ

おとぎ話の王女の髪がずっと欲しかったなら、ロマンチックなアップスタイルがぴったりです。これらのヘアスタイルは、三つ編みや花のようなフェミニンなディテールがすべてです。ただし、あまり滑らかで洗練されていません。髪をきつく締めすぎないようにしてください。また、いくつかのピースを残して、顔を柔らかくして顔を平らにしてください。赤ちゃんの呼吸のような小さな花は、編みこみの細部に気を取られないほど小柄なので、ロマンチックなアップスタイルにぴったりです。同じくロマンチックなブライダルガウンとスタイルを組み合わせます。

ロマンチックなブライダルアップ

2.パン

クラシックなフォーマルなヘアスタイルであるシニョンは、90年代に大流行しました。だから、今戻ってくるのも不思議ではありません!シニョンは、洗練された洗練された仕上げをあらゆる表情に加えます。シルクのスリップスタイルのウェディングドレスとの相性もいいので、ミニマリストの美しさを備えたモダンな花嫁にぴったりです。


シニョンブライダルヘアスタイル

3.ロングブレード

たくさんあります 編組ヘアスタイル そこに;あなたはあなたが愛する人を見つけるのは必然です。さらに良いのは、ブラシとヘアエラスティックを作成するだけでよいものもあります。オランダ語とフランス語から、クラシックな3ストランドのプルスルーブレードまで、選択肢は無限です。ほとんどの髪は太い髪で最もよく見えますので、 ヘアエクステンションのクリップ 髪のビタミンを摂り始めて、たてがみを結婚式の日に最適な状態にします。

ロング編組ブライダルヘアスタイル

4.ハーフブレード

超長い髪がなくても、ゴージャスなブライダルブレードを自慢できます。髪の上部の断片だけを使用して、こめかみから始まる2つのシンプルな3ストランドのひだを作成します。頭の後ろに向けて編んでから、きれいな花柄のクリップで固定します。残りの髪は柔らかな波で緩めておきます。これにより、厚みが増します。ハーフブレードのヘアスタイルは、花嫁介添人や結婚式のゲストに最適です。

ハーフ編みブライダルヘアスタイル

5.ポニーテール

ポニーテール 世の中で最も用途の広いヘアスタイルの一つです。結婚式の日でも、華やかなディテールを追加して、このスタイルを次のレベルに引き上げることができます。超お世辞のために、あなたの頭の王冠でたくさんのボリュームを作成するようにしてください。使用する ヘアエクステンション ポニーテールに余分な厚みを与え、髪の周りに髪の一部を巻き付けて、ヘアゴムやピンを覆います。ポニーテールの利点は、メイクの毛を隠したり、気を散らしたりする必要がないことです。また、豪華なステートメントピアスを披露することもできます。

華やかなブライダルポニーテール

6.サイドブレード


もっと 自由奔放な花嫁 s、サイドブレードは結婚式の日の素晴らしいヘアスタイルです。派手すぎたり、着こなしすぎたりせず、フェミニンでスタイリッシュです。このスタイルは、ゆったりとしたリラックスした方法で着用すると最もよく見えるため、結婚式の日に髪を固定することを心配する必要はありません。サイドブレードは、長持ちするほど良くなる、楽でロマンチックなスタイルです。また、風や湿度などの急激な天候の変化の影響を受けません。


ブライダルサイドブレード

7.ルーズウェーブ

緩い波は、ビーチでの結婚式を計画する花嫁にとって理想的なヘアスタイルです。彼らはまた、波状の質感で自然に長く太い髪を持つ人に適しています。スタイルを最大限に活用するには、ボリュームのあるパウダーで根をほこり、仕上げのスプレーを使用して、波がふわふわにならないようにします。クリップ、花、ヘッドバンドなどのヘアアクセサリーと組み合わせると、ルーズウェーブも美しく見えます。もう1つの人気のある選択肢は、ルーズウェーブが下にあるハーフアップスタイルです。


ブライダルルーズウェーブ

8.バレリーナパン

2000年代初頭に人気のブライダルスタイルのバレリーナパンが復活。それは、このシックなヘアスタイルがクラシックでエレガントで、メイクアップが脚光を浴びているからです。楕円形の顔と頬骨の高い人に適しています。目を引くので、大胆なアイメイクの完璧なパートナーです。また、ステートメントピアスやダイヤモンドチョーカーなどのジュエリーを披露したい場合は、髪が隠さないため、ブライダルとしても最適です。多くの花嫁もこのヘアスタイルをバレエ風のガウンとペアにすることを選んでいますが、コスチュームを着ているように見えたくないので、チュールに過度に負担をかけないようにしてください。


ブライダルバレリーナパン

9.ナチュラルカール

カールを輝かせるには、結婚式の日ほどの時間はありません。保湿製品を準備し、カールを定義するスプレーで仕上げることにより、ねじれとコイルが適切であることを確認します。多くの巻き毛の花嫁は、たてがみを自由に走らせることを選択しますが、利用できるスタイリングオプションもたくさんあります。人気のある選択肢の1つは、ハーフアップ、ハーフダウンの外観です。テクスチャーを際立たせますが、顔が髪で圧倒されないようにします。また、夏の結婚式でオーバーヒートを避けたい場合にも最適です。


ブライダルカーリーヘアスタイル

10.ヴィンテージアップ

愛する花嫁のために ヴィンテージスタイル 、過ぎ去った時代の髪型は結婚式の日の唯一の選択肢です。ウェディングドレスがヴィンテージまたはヴィンテージにインスピレーションを得ている場合は、同じ10年間のヘアスタイルを選びます。 20年代の騒動の100周年が間近に迫っています。 ダウントン修道院 大画面に戻ります–多くの花嫁も指波アップを受け入れています。

クラシックヴィンテージブライダルアップヘアヘアスタイル

11.黄金時代の波

オールドハリウッドの魅力は決してスタイルを失わず、ゴージャスなヴィンテージヘアダウンヘアスタイルもすべての顔の形に非常にお世辞です。ゴールデンエイジウェーブとも呼ばれ、レトロな印象を与えることなく、洗練されたシックでセクシーな外観になっています。重要な要素は、サイドパーティングとスムーズで構造化された波です。古典的な1950年代の赤い唇と出来上がりを追加してください。あなたは爆弾の花嫁です。


ゴージャスなヴィンテージヘアダウンブライダルヘアスタイル

12. Low Bun

low bun おしゃれでシックです。それは、モダンでトレンドのあるヘアスタイルを控えめに表現したガウンに合わせたい花嫁にとって理想的です。パールは今シーズンのヘアアクセサリーの重要なトレンドの1つであり、ローパンのヘアスタイルに大きな影響を与えます。すべての髪が引き戻されるため、すべての目が顔に当たることを覚えておくことも重要です。そのため、ローパンを着用する場合は、輝く肌と完璧なメイクが不可欠です。


低パンブライダルヘアスタイル

13.ハーフアップハーフダウン

ハーフアップ、ハーフダウンのヘアスタイルは、両方の長所を提供します。まず、柔らかくきれいな波で髪の自然な長さとボリュームを自慢して見せ、ロマンチックでフェミニンな仕上がりにします。第二に、髪の毛が後ろに引っ張られるということは、あなたの顔をより多く見せることを意味します。さらに、編組やツイストなどの美しいディテールを追加したり、ヘアアクセサリーをスライドさせたりして、ブライダルスタイルをさらに良くすることができます。


ハーフアップハーフダウンブライダルヘアスタイル

14.サイドパート

髪の毛をどこで分けるかによって、顔の表情がまったく異なります。目と頬骨に注目を集めるので、さまざまな顔の形に光を当てます。の サイドパーツヘアスタイル 蒸し暑くて洗練されているので、魅力的に見えたい花嫁にぴったりです。サイドの部分はどの髪のタイプでも美しく見えますが、乱れた波はスタイルを整える古典的な方法です。


サイドパートブライダルヘアスタイル

15.ピクシーカット

との花嫁 ピクシーカット 結婚式の日のヘアスタイルに関しては、驚くほどの柔軟性があります。ヘッドバンドと花で飾られたときに短い髪は素晴らしいように見えるだけでなく、テクスチャーを変更することで完全に新しい感覚を与えることもできます。滑らかな外観にするには、髪にテクスチャクレイを追加し、それを脇に分け、前方にスイープして微妙な角度のある外観を作成します。それはあなたの目に注意を引き、あなたの機能のバランスをとります-あなたの結婚式の写真に最適です。

ショートスリックブライダルヘアスタイル

16.編組ハロー

美しく天使のような結婚式の日を望む花嫁は、編みこみの光輪を試してみてください。髪型は楽に見え、柔らかく、ロマンチックで、不完全であると想定されているため、高度な編組スキルは必要ありません。編みこみのハローはまた、ハイライトされた花嫁や バレイジヘア 、さまざまなトーンを美しく見せてくれます。とてもきれいです。あなたは毎日このスタイルを着たいと思うでしょう。


楽なブライダル編みこみハロー

17.フィッシュテイルブレード

フィッシュテイルブレード 花嫁のための最も人気のあるひだオプションの一部です。複雑に見えるからですが、作成するのは簡単です。フィッシュテールブレードは、フレンチやオランダ語などの他のブレードよりも自由奔放な雰囲気を持っています。スタイルに美しいブライダルのひねりを加えるには、フィッシュテールブレードにシルクリボンを織り込むか、ヘアアクセサリーや花を追加します。


スタイリッシュなブライダルフィッシュテールブレード

18.フレンチツイスト

シニョンと同様に、フレンチツイストは上品で洗練されたゴージャスなブライダルヘアスタイルです。当初は1950年代、60年代、70年代に人気がありましたが、現在は流行に戻っています。フレンチツイストはよりフォーマルなヘアスタイルであるため、洗練された伝統的な結婚式の外観を求める花嫁に適しています。何よりも、髪を折りたたみ、ピン、スライド、またはコームで固定するまで髪を集めてねじるだけなので、リラックスしたスタイルを作成できます。


ブライダルフレンチツイスト

19.中間パート

楕円形の長くてハート型の顔は、中間の髪型に合います。多くの人は、それを毎日カジュアルな見た目だと考えています。ただし、ヘアスタイルのファンが結婚式に採用するのを妨げるものは何もありません。多くの花嫁は、かみそりのように鋭い中央の別れを、自分の顔を囲む柔らかくボヘミアンな波と対比させることを選択します。あなたがそのタイプのヘアスタイルに行くことに決めた場合、長いベールを選びます。

キャプチャー

20.ヘッドバンド付きのブライダルヘアスタイル

ヘッドバンドは最近流行に戻ってきています。最新のトレンドは、パール(またはパールパール)バージョンです。流行に敏感な花嫁にとって、これは重要な日に欠かせないアクセサリーです。ヘッドバンドが子供っぽくなりすぎないようにするには、長くて緩い髪ではなく、シックなアップヘアでまとめます。また、ヘアスタイルを最小限に保つことは、ヘッドバンド自体が大胆な声明を出すことができることを意味します。夜の途中でロックを再設定することを心配する必要はありません。


カチューシャ付きブライダルヘアスタイル

21.花のあるブライダルヘアスタイル

花で装飾された髪型は、理由があって結婚式の定番です。それは長い、短いまたは中程度の長さの髪で動作します。さらに、細かいものから太いもの、コーカサス人、アフロのテクスチャーまで、すべての髪のタイプに美しい追加です。 1つのオプションは、花束や装飾に一致する生花を使用することです。それ以外の場合は、ヘアスライドでシルクまたはフェイクフラワーを選択します。これにより、花がしおれたり脱落したりする心配がありません。


花とブライダルヘアスタイル

22.ティアラのブライダルヘアスタイル

すべての女性は彼女の結婚式の日に王女のように感じるに値する。それで、ティアラよりもそれを示すためのより良い方法は何ですか?このエレガントでかわいいアクセサリーをほとんどのヘアスタイルと組み合わせて、希望の効果を作成できます。ティアラのある長くゆったりとした波はビューティークイーンのような印象を与え、ハーフアップ、ハーフダウンのスタイルは控えめでモダンです。


ティアラとブライダルヘアスタイル

23.ヘアコーム付きブライダルヘアスタイル

ヘアコームはあなたのブライダルヘアスタイルにブーストを与えるための迅速かつ簡単な方法です。花、羽、ビーズなど、ドレスの細部にマッチするアクセサリーや、テーブルクロスやセンターピースなど、結婚式の装飾の要素を探します。最高の部分は、あなたの髪が上または下にスタイリングされているかどうかにかかわらず、装飾的なヘアコームを使用できることです。スタイリングスプレーまたは少しの粘土を追加して、くしを保持するのに十分な質感のある髪にしてください。髪がツルツルすぎると抜け落ちる可能性があります!


ヘアコーム付きブライダルヘアスタイル

24.クリスタルヘアクリップ付きのブライダルヘアスタイル

クリスタルはあなたのブライダルヘアスタイルにゴージャスな追加です。それは、光を捉えて反射し、きらきらと輝く効果を生み出すからです。クリスタルは他のヘアアクセサリー(花など)より少し重くなる可能性があるため、櫛ではなくヘアクリップを選ぶことをお勧めします。クリップで髪に固定し、脱落しないようにします。多くの花嫁は、ロマンチックなヴィンテージの雰囲気を醸し出すために、クリスタルヘアクリップとサイドのヘアスタイルを組み合わせることにしました。

クリスタルヘアクリップ付きのブライダルヘアスタイル

25.ロングヘアのブライダルヘアスタイル

長髪の女性は、ブライダルスタイルに関しては多くの選択肢があります。ロックが厚い方に人気の1つは、ソフトウェーブの外観です。あなたの髪が自然にまっすぐである場合でも、カーリングトングとしっかりとホールドしたヘアスプレーは、このきれいなスタイルを達成するのに役立ちます。あなたの髪が波状の効果を作成するのに十分な長さでない場合、または十分に太くない場合は、人間の一部を切り取ってください ヘアエクステンション あなたの本当の髪とブレンドして、スタイルを整えましょう!

ロングヘアのブライダルヘアスタイル

26.ミディアムレングスのブライダルヘアスタイル

特に結婚式用にスタイリングされている場合、ボリュームとテクスチャーが優れたミディアムヘアloo6ks。この長さを着用する最も人気のある方法の1つは、微妙なハーフアップ、ハーフダウンのヘアスタイルです。いくつかのピースを残して顔をフレーミングしてから、上部セクションをねじって固定し、セミブレイドエフェクトを作成します。その間、優しくカールし、下の部分をブラッシングすると、ロマンチックな結果になります。


ミディアムレングスヘアのブライダルヘアスタイル

27.ショートヘアのブライダルヘアスタイル

とともに 賞賛 スタイルを抑えて、短い髪の花嫁のためのオプションはこれまでにないほど優れています。作業する時間があまりない場合は、カットにボリューム、バウンス、および寸法を追加することが重要です。ヘアを熱スタイリングして波とカールを作り、それからたくさんのテクスチャースプレーを加えてモダンで洗練された仕上げにします。最後の「クールな花嫁」のタッチには、ヘアバンドや魅惑的なものなどのステートメントヘッドピースを追加します。


ショートヘアのブライダルヘアスタイル

28.ナチュラルブラックブライダルヘアスタイル

自然な髪を自慢したい花嫁には、多くのスタイリングオプションがあります。より大胆に、 レモネード編組 または、にせの鷹が完璧な選択かもしれません。それ以外の場合は、アフロまたは 自然なアップ 理想的かもしれません。自然な髪の花嫁の多くは、ベールを付けないことを選択しているため、カールやよじれが主役になります。その場合は、代わりにレースまたは花のヘアクリップを着用することで、ブライダルの感触を維持できます。


ナチュラルブラックブライダルヘアスタイル

29.ベール付きのブライダルヘアスタイル

ベールを選択したら、髪を最もよく見せるためにどのようにヘアをスタイリングするかを決定できます(逆も同様です)。あなたの髪型はあなたが頭痛を感じることなくそれにベールを固定することができるようにしっかりとタイトでなければなりません。 Updos これらはベールの強固な基盤を提供するため、この理由から人気のある選択肢です。パンの上にベールを固定すると、高さとボリュームが増します。また、一部のベールの長さは、特定のヘアスタイルでも良くなることも覚えておく必要があります。たとえば、マンティラやカテドラルベールはローパンに適しています。


ベール付きブライダルヘアスタイル

30.シンプルなブライダルヘアスタイル

シンプルなブライダルヘアスタイルは、大切な1日を簡単にすばやく見たい花嫁に最適です。低メンテナンスの花嫁のための最良の選択の一つは、ブロードライを選ぶことです。その後、滑らかな仕上がりのロックにストレートナーをかけたり、わずか数分で微妙な波の効果を作成したりできます。ただし、シンプルなブライダルヘアスタイルではヘアカットに重点が置かれるため、必ずトリムを予約してください。


シンプルなブライダルヘアスタイル