あなたが知る必要がある30の婚約指輪のスタイル

婚約指輪のスタイル

従事することは、人生で最も特別で思い出に残る瞬間の1つです。そして、完璧なリングはチェリーの上にあります!ただし、非常に多くのスタイルやデザインが存在するため、何を選択すべきかを理解するのは難しい場合があります。古いルールは廃止されました。今日では、個人と婚約指輪がすべてであり、スタイル、好み、価値観を反映しています。あらゆる予算のためにそこに線香花火もあります。したがって、提案を計画している場合、または他の半分に何を買うべきかについていくつかのアイデアを与える必要がある場合は、あらゆるエンゲージメントリングスタイルのガイドを読み続けてください。

目次 1.ソリティア 2.クラスタ 3.玉石 4.大聖堂 5.ハロー 6.オーバルハロー 7.シャンクおよびスプリットシャンクスタイルのリング 8.ベゼルエンゲージメントリング 9.スリーストーンスタイル 10.ダブルダイヤモンドスタイル 11.エタニティバンドエンゲージメントリング 12.フラッシュセッティングリング 13.テンションセッティングエンゲージリング 14.バロックエンゲージメントリング 15.チャネル設定エンゲージリング 16.スワールエンゲージメントリング 17.ボンベエンゲージメントリング 18.カラーアクセント 19.単色の石の婚約指輪 20.アクロスティックエンゲージメントリング 21.ヴィンテージアールデコスタイルの婚約指輪 22.ヴィンテージエドワードリング 23.バレリーナエンゲージメントリング 24.アールヌーボーリング 25.エッチングエンゲージメントリング 26.モダンでコンテンポラリーなスタイルのリング 27.幾何学的な婚約指輪 28.ミニマリストエンゲージメントリング 29.中断されたダイヤモンドリング 30.形のバンドリング

1.ソリティア

ソリティアは、最もクラシックで伝統的な婚約指輪のスタイルです。ソリティアという名前は、デザインに1つの石しかないことから由来しています。その美しさを披露するために、ソリティアダイヤモンドは、プロングまたはクローのセッティングが施されたシンプルなバンドに取り付けられることがよくあります。あなたがシンプルでエレガントなスタイルを持っているなら、ソリティアはあなたにとって素晴らしい選択です。それはまた、時の試練に耐え、時代遅れにならないリングのタイプでもあるので、あなたはいつもそれを愛するでしょう。



購入

ソリティア

2.クラスタ

クラスター設定は、多くの小さな石をグループ化して、大きなダイヤモンドと同じ効果を作成します。そのため、「イリュージョン」リングとも呼ばれます。それはそれらを婚約指輪のための完全な手頃な価格のオプションにします。クラスターダイヤモンドは、予算を無駄にすることなく輝きと輝きを最大化する優れた方法です。これは、汎用性の高いオプションでもあります。従来のサークルクラスターか、よりユニークでモダンな非対称デザインを選択してください。

購入

集まる

3.玉石

婚約指輪をパーソナライズする美しい方法は、パヴェセッティングです。この技法では、リングのバンドに小さなダイヤモンド(または他の宝石)を埋め込みます。そうすることで、リングがより多くの光を受け取り、指で光るように見えます。人気のある選択肢は、一部のダイヤモンドをパートナーまたは子供の誕生石で置き換え、デザインにユニークなひねりを加えることです。パヴェリングは可愛らしくフェミニンな外観で、シンプルなリングを簡単に際立たせることができます。

購入

パヴェ

4.大聖堂

大聖堂の設定は、その伝統的でエレガントなスタイルのため、何十年もの間人気があります。その名前は、シャンクとショルダーの金属がカーブしてダイヤモンドをサポートする方法に由来しています。これらの曲線は大聖堂のアーチに似ています。輝きを増すためにパヴェダイヤモンドをセッティングすることも、プレーンのままにすることもできます。いずれにせよ、大聖堂スタイルの構造と建築の雰囲気は、婚約指輪の洗練された選択にしています。

購入

大聖堂

5.ハロー

最も人気のある婚約指輪のスタイルの1つは、ハローです。中央の石を輝かせながら、まばゆい光を放ちます。小さなパヴェセットダイヤモンドの列は、中央の石の周りに境界線またはハローを作成します。ハローストーンはセンターストーンに光を反射し、より輝きと輝きを増します。ハローの設定は、美しい白いダイヤモンドを引き立たせたり、控えめな石を大きく見せるのに役立つ豪華な方法です。サファイア、ルビー、モルガナイト、ピンクダイヤモンドなど、センターストーンのカラージェムを選択すると、見事なコントラストが得られます。

購入

ハロー

6.オーバルハロー

婚約指輪のサイズを最大にしたい場合は、楕円形のハロースタイルが適しています。楕円形のダイヤモンドは細長いため、同じカラット重量の他の石よりも大きく見えます。一方、ハロー設定は追加の輝きを提供し、リングの幅にも追加して、再び大きく見せます。ただし、楕円形のハローリングは過度に見えすぎません。代わりに、それはどんな女性も女王のように感じさせる堂々としたヴィンテージの外観を持っています。

購入

オーバルハローエンゲージリング

7.シャンクおよびスプリットシャンクスタイルのリング

婚約指輪をカスタマイズする最も簡単な方法の1つは、シャンク(指輪のバンド)を変更することです。多くの異なるデザインがありますが、最も人気のあるものの1つはスプリットシャンクです。リングのバンドは、中央の石の両側で2つに分かれており、小さな隙間が残っています。シャンクの分割により、非常に異なるデザインを作成できる場合。より大きなディビジョンは、特にパヴェダイヤモンドがセットされている場合、リングにアンティークな雰囲気を与えます。一方、スプリットを小さくすると、センターストーンが大きく見えるようになります。

購入

シャンクとスプリットシャンクスタイルリング

8.ベゼルエンゲージメントリング

ベゼルは、最も安全なリング設定の1つです。宝石は、プロングで隆起するのではなく、金属枠で固定されています。石が傷ついたり落ちたりするリスクが少ないため、ベゼルの設定は婚約指輪に最適です。プロングセットリングよりも高価ですが、ベゼルエンゲージメントリングはそれほど多くの維持費を必要としません。時間が経つにつれ確認や締め付けが必要な爪がないからです。ただし、中央の石を透過できる光が少ないため、小さく見える場合もあります。

購入

ベゼル婚約指輪

9.スリーストーンスタイル

「三部作」スタイルとしても知られる3石の婚約指輪は、信じられないほどロマンチックな選択肢です。それは、3つの石が象徴的だからです。彼らは伝統的に過去、現在、未来、またはあなたと私と私たちを表すと言われています。三部作リングは、使用する石のサイズ、タイプ、形状に応じて、非常に用途が広いです。人気のあるオプションの1つは、大きなセンターダイヤモンドに2つの小さなフランクストーンまたは同じサイズの3つの中型のストーンを配置することです。三部作スタイルの現代的なテイクは、カラージェムをセンターストーンとして使用し、ダイヤモンドでアクセントを付けることです。何を決めるにしても、このデザインは美しいと同時に意味があります。

購入

スリーストーンスタイル

10.ダブルダイヤモンドスタイル

1つのダイヤモンドよりも優れているものは何ですか?二!ダブルダイアモンドスタイルは、セレブからの人気により最近流行し始めています。 2つの石は、あなたとあなたのパートナーを表しています。伝統的なデザインは同じ形とサイズの2つのダイヤモンドですが、トレンドでモダンなテイクは対照的な石を選ぶことです。四角と梨はユニークな組み合わせです。

購入

ダブルダイヤモンドスタイル

11.エタニティバンドエンゲージメントリング

永遠のバンドは永遠の愛の究極のシンボルです。リングのバンドは、永遠につながっている切れ目のないダイヤモンドのチェーンから形成されています。エタニティバンドのダイヤモンドは、着用者のスタイルに応じて、パヴェ、チャネル、またはフレンチセットにすることができます。伝統的に、別の永遠の指輪は重要な結婚記念日または夫婦の最初の子供の誕生のいずれかで与えられます。ただし、一部のカップルは、この贈り物を試して、代わりに花嫁の婚約指輪を永遠のバンドにアップグレードすることを選択します。

購入

エタニティバンドエンゲージメントリング

12.フラッシュセッティングリング

超滑らかな婚約指輪のオプションは、フラッシュ設定です。このデザインでは、ダイヤモンドはバンドの内側に配置されているため、その表面は突き出ていません。これはシックで控えめなスタイルのリングであるだけでなく、ダイヤモンドが所定の位置に打ち込まれているため、非常に安全です。フラッシュセッティングリングは、アクティブなライフスタイルをリードし、控えめなスタイル感を持っている人に最適です。男性にも人気のデザインなので、チャーミングな王子様に提案するのに最適です。

購入

フラッシュセッティングリング

13.テンションセッティングエンゲージリング

ユニークな婚約指輪のデザインは、テンション設定スタイルです。プロングまたはベゼルを使用して石を所定の位置に固定する代わりに、シャンクの2つの半分の間に圧力がかかります。隠されたバネ荷重と金属に刻まれた溝が石を動かないようにし、しっかりと固定します。その結果、それ自体が吊り下げられているように見え、このリングスタイルに魅力的な視覚効果を与えています。テンションセットエンゲージメントリングの外観が気に入ったら、このプロセスはダイヤモンド、サファイア、ルビー、モアッサナイトなどの丈夫な石にのみ適していることを覚えておいてください。張力設定プロセスも各石に完全にカスタマイズされているため、まず宝石を選択してから、リングをカスタムメイドにする必要があります。この設定では、サイズ変更も非常に困難です。

購入

13.テンションセッティングエンゲージリング

14.バロックエンゲージメントリング

バロック様式のジュエリーは、精巧で芸術的、装飾的であることで知られています。婚約指輪については、自然にインスパイアされたユニークなパターンと、複雑なディテールがたくさんあるアンティークな雰囲気を探してください。マイクロパヴェとパヴェの要素が、大きなダイヤモンド、クラスター、ハローと組み合わされて、本当にドラマチックな仕上がりになっています。バロックエンゲージメントリングは、ヴィンテージのあらゆるものに情熱を注ぎ、他に類を見ない、マキシマリストスタイルの人に最適です。

購入

バロックエンゲージメントリング

15.チャネル設定エンゲージリング

パヴェセッティングと同様に、チャンネルセッティングは婚約指輪のバンドを小さなダイヤモンドで飾ることを含みます。ただし、宝石を個別に金属にセットする代わりに、宝石商は溝を作成します。ダイヤモンドは、このチャネル内で一列に並べて配置されます。最終的な効果は古典的な優雅さを持ち、ダイヤモンドのチャネルはリングに沿って中心の石に向かって目を引きます。チャネル設定も非常に安全な手法です。ただし、このリングスタイルは、他のデザインよりもクリーニングや修理が少し難しいです。

購入

チャネルセットエンゲージメントリング

16.スワールエンゲージメントリング

美しくユニークなデザインは、渦巻き型の婚約指輪です。バイパスシャンクとラウンドカットのセンターストーンを組み合わせたデザインは、滑らかな効果を生み出します。シャンクの両端が均一に石に接触していないように見えるため、金属がその周りを旋回または流れているように見えます。設定は、両手が中央の石をすくうようにも見えます。その結果、渦巻き型の婚約指輪は、2つの半分が完全になることを象徴しているとよく言われます。このタイプのリングには、他のリングでは一般的ではない興味深い動きがあり、群集から際立ちます。

購入

渦巻き婚約指輪

17.ボンベエンゲージメントリング

本当に珍しく劇的な婚約指輪を望んでいる人にとって、爆弾に勝るものはありません。湾曲した形状がこのアールデコ様式を定義しています。その名前はフランス語で「domed」を意味するbombéeに由来します。他のスタイルよりも金属を多く使用しているため、通常、爆弾の婚約指輪は同じ大きさか、さまざまなサイズの石を多く組み合わせたフレンチセットで、クラスター効果を生み出しています。ダイヤモンドとサファイアやルビーのようなカラージェムの組み合わせは、ボンベリングの際立った選択肢です。

購入

ボンベエンゲージメントリング

18.カラーアクセント

アクセントストーンは、ダイヤモンドエンゲージメントリングにぴったりで、個性的で個性的な雰囲気を与えます。ピンクダイヤモンドはホワイトよりもはるかに高価であるため、多くのカップルは小さなピンクでホワイトダイヤモンドのセンターストーンにアクセントを付けています。指輪は、価格のほんの一部で、その際立った色のヒントを持っています。一方、エンゲージメントをより特別にするために、他の半分の好きな色を表す誕生石や宝石でダイヤモンドリングにアクセントを付けることを選択する人もいます。

購入

色のアクセント

19.単色の石の婚約指輪

私たちの多くは白いダイヤモンドを伝統的な婚約指輪石と見なしていますが、この傾向は1940年代にのみ一般的になりました。それ以前は、カラージェムを提案するのがはるかに一般的でした。今日、多くの人々が古い伝統を受け入れています。これにはいくつかの理由があります。まず、カラーストーンはダイヤモンドよりもはるかに手頃な価格です。第二に、あなたのスタイルの感覚に合うユニークでパーソナルなデザインを作成することができます。そして最後に、あなたのリングは他の人のようには見えません。婚約指輪に人気のある色付きの石には、青と青緑のサファイア、ルビー、エメラルド、モルガナイトがあります。色付きの石を選択した場合は、ダイヤモンドほど硬くないため、損傷しやすくなる可能性があることに注意してください。

購入

単色の石の婚約指輪

20.アクロスティックエンゲージメントリング

アクロスティックジュエリーは、19世紀に初めて人気を博しました。各宝石にはアルファベットの文字が割り当てられました-Aにはアメジスト、Bにはブルートパーズなど。その結果、ジュエリーを身につけるだけで、お互いに秘密のメッセージを送ることができました。したがって、意味のある婚約指輪を望む人は、この秘密の言葉を使用して、愛する人のイニシャルを表現したり、「愛」のような単語を綴ったりすることができます。このようなロマンチックな指輪に抵抗できるのは誰ですか。

購入

アクロスティックエンゲージメントリング

21.ヴィンテージアールデコスタイルの婚約指輪

ヴィンテージジュエリーは、通常30年以上前のものと定義されています。ヴィンテージのエンゲージメントリングについては、アールデコ時代の作品(1920年代と30年代)が非常に人気を博しています。これらの指輪は美しく作られただけでなく、時の試練にも耐えてきました。大胆で、幾何学的、そして申し分のないドラマティックなアールデコの作品は、主張を表現しています。オールドスクールな魅力とファッションの愛好家は、この時代からヴィンテージの婚約指輪を崇拝します。

購入

ヴィンテージアールデコスタイルの婚約指輪

22.ヴィンテージエドワードリング

エドワード朝のジュエリーは繊細なディテールがすべてで、レースのフィリグリーデザイン、細かいチェーン、花のモチーフが組み合わさり、非常にフェミニンな仕上がりになっています。この時期(1901年から1910年)のヴィンテージの婚約指輪について言えば、ロマンチックな要素がたくさん見つかります。プリンセスやラウンドブリリアントのようなよりモダンなスタイルではなく、花からインスピレーションを得たクラスターや、バラや古い鉱山のような珍しいダイヤモンドカットを考えてください。着色されたセンターストーンもこの時期に一般的でしたので、ルビーとサファイアの婚約指輪、またはオパール、トパーズ、ジルコンを発見することができます。

購入

ヴィンテージエドワードリング

23.バレリーナエンゲージメントリング

チュチュの形にインスピレーションを得たバレリーナは、最も目を引くエンゲージメントリングスタイルの1つです。クラスターリングの一種で、バゲットダイヤモンドのファンが側面の中央の石を挟んでいるデザインです。ダンサーのコスチュームの外観をさらに厳密に模倣するために、ハローダイヤモンドを先細りにして、渦巻く動きのように見せることもできます。このスタイルは1950年代にまでさかのぼり、その印象的な外観によりファッションに戻ってきています。

購入

バレリーナエンゲージメントリング

24.アールヌーボーリング

アールヌーボーは19世紀の終わりに始まった運動でした。自然にインスピレーションを得て、このスタイルで作業するアーティストは、流れるように流れるようなラインと、植物や動物を模倣した絡み合うパターンを使用します。この時代のジュエリーは同じ原則に従います。ムーンストーン、ラピスラズリ、パール、オパールなどの宝石は、アールヌーボー様式のジュエリーで頻繁に使用されていました。当時の本物のヴィンテージエンゲージメントリングを見つけるのは難しいかもしれませんが、今日では多くの宝石商が同じ技法とデザインを使用して美しい作品を作っています。婚約指輪に非伝統的な石を使用したい場合は、その硬度をチェックして、日常の着用に適しているかどうかを確認してください。パールなどの一部の宝石は、オパールが水にさらされない一方で、香水や粗い表面によって簡単に損傷を受ける可能性があります。

購入

アールヌーボーリング

25.エッチングエンゲージメントリング

エッチング技術は婚約指輪をパーソナライズするための素晴らしい方法です。化学薬品を使用してシャンクの金属を選択的に摩耗させ、独特のパターンと形状を残します。渦巻き、ロープ、葉は、柔らかくフェミニンな外観を与えるため、人気のあるデザインの選択肢です。エッチングされた婚約指輪は、金属のエッジの周りに小さなビーズの境界線を作成するミルグレインと頻繁に組み合わされて、見事なヴィンテージ効果を生み出します。

購入

エッチングされた婚約指輪

26.モダンでコンテンポラリーなスタイルのリング

ファッションに精通している新進気鋭の新郎新婦にとって、トレンドに敏感で目を向ける婚約指輪は必須です。従来のバンドと従来のバンドはそれぞれのスタイルに合いません。代わりに、モダンでコンテンポラリーな珍しいデザインは、ロマンチックでエレガントでありながら、完璧な選択です。ホワイトダイヤモンドで装飾されたラップアラウンドリング(サーペンタインリングとも呼ばれます)は、クラシックなエンゲージメントストーンにファッション性の高い設定を施し、フレッシュなひねりを加えています。

購入

モダン・コンテンポラリー・スタイルのリング

27.幾何学的な婚約指輪

幾何学的な婚約指輪は、正方形や三角形のような角のある形状を特徴とし、ステートメントジュエリーピースを作成します。きれいなラインと鋭いエッジがすべてのスタイルで、石の輝きと輝きを高めます。幾何学的なデザインは、1兆のように、ダイヤモンドの異常なカットやシェイプを強調することもできます。幾何学的な婚約指輪の魅力は、意外なことです。クラシックなリングは柔らかくて丸いですが、幾何学的なリングは大胆な態度を持ち、目立つことを恐れません。

購入

幾何学的な婚約指輪

28.ミニマリストエンゲージメントリング

日常生活で控えめでミニマリストなジュエリーを身に着けている場合、婚約指輪は同じものでなければなりません。イエローゴールド、ローズゴールド、プラチナなどのクラシックメタルの細い細いバンドとソリティアダイヤモンドが美しくシンプルな仕上がりを生み出しています。ミニマリストのリングを選ぶことには多くの利点があります。それは他の可愛らしい宝石と積み重ねるのに最適で、掃除と修理が簡単で、常に快適に着用できます。言うまでもなく、ミニマリストのリングは決して時代遅れにならない。

購入

ミニマリストエンゲージメントリング

29.中断されたダイヤモンドリング

テンションリングと同様に、吊り下げられたダイヤモンドリングも、ホバリングしている石のように見えます。ただし、吊り下げられたリングは、シャンクの2つの端の間に配置されるのではなく、シャンクの上に配置され、プラットフォーム効果を生み出します。吊り下げリングは繊細なデザインですが、横から見ると興味深いドラマ感があります。クローセッティングや大聖堂と組み合わせることができる興味深いスタイルなので、順応性があります。

購入

中断されたダイヤモンドリング

30.形のバンドリング

形のバンドは現在、婚約指輪の大きなトレンドです。最も人気のあるものの1つはシェブロンスタイルです。シャンクは三角形の先端に形成され、梨形のダイヤモンドが先端に接続され、涙滴効果を生み出します。これは、石とバンドの調和を生み出し、2つを対称的に結び付けるリングスタイルです。結果として、お互いにぴったり合う2人の表現であると考える人もいます。見た目もモダンで、形をしたウェディングバンドと組み合わせるとさらに印象的です。

購入

形のバンドリング