数学演算の注文| BODMAS

参照:正の数と負の数

2つの数値を使用した数学演算が1つしかない計算の場合、答えを見つけるために加算、減算、乗算、または除算を行うという単純なケースです。

しかし、いくつかの数字があり、操作が異なる場合はどうでしょうか?多分あなたは割り算と掛け算、あるいは足し算と割り算が必要です。だったらどうしようか?

幸いなことに、数学は論理ベースの分野です。よくあることですが、計算を行う順序を決めるのに役立つ簡単なルールがいくつかあります。これらはとして知られています「操作の順序」


数学の順序付けの規則-BODMAS

BODMAS-数学の順序付けの規則。ブラケット、注文、除算、乗算、加算、減算。

BODMASは、数学の問題を解く順序を示す便利な頭字語です。 BODMASのルールに従うことが重要です。これがないと、答えが間違ってしまう可能性があるからです。

ザ・BODMAS頭字語は次のとおりです。

  • Bラケット(括弧内の計算の一部が常に最初に来ます)。
  • またはrders(累乗または平方根を含む数)。
  • Division。
  • M究極化。
  • ddition。
  • S抽象化。

BODMAS、BIDMAS、またはPEMDAS?


あなたはしばしば見るかもしれませんBIDMASBODMASの代わりに。それらはまったく同じです。 BIDMASでは、「I」は注文と同じインデックスを指します。詳細については、上のページを参照してください。特別な番号と概念


PEMDAS

PEMDASは米国で一般的に使用されており、BODMASと同じように機能します。 PEMDASの頭字語は次のとおりです。

Parentheses、

ISxponents(powers and roots)、

MultiplicationとDivision、

dditionとS抽象化。


BODMASの使用

ブラケット

内部の何かから始めますブラケット、左から右へ。

例:

4×(3 + 2)=?

最初に角かっこ内で3+ 2の操作を実行してから、答えに4を掛ける必要があります。

3 + 2 = 5。
4×5 =20

角かっこを無視して、左から右に4×3 + 2で計算すると、14になります。角かっこが答えにどのように影響するかがわかります。

注文

次に、べき乗または平方根を含むすべてのことを行います(これらは次のようにも知られています注文)、複数ある場合は、再び左から右に作業します。

例:

3+ 5 =?

5を追加する前に、最初に電力を計算する必要があります。

3= 3×3 = 9
9 + 5 = 14

除算と乗算

角かっこまたは累乗を含む計算の一部を実行したら、次のステップは次のとおりです。分割そして乗算

乗算と除算のランクは同じであるため、合計で左から右に作業し、各操作を表示されている順序で実行します。

例:

6÷2 + 7×4 =?

最初に除算と乗算を行う必要がありますが、それぞれ1つずつあります。

左から始めて右に向かって進みます。つまり、6÷2 = 3から始めます。次に、7×4 = 28の乗算を行います。

これで、計算は3 +28になります。

答えを見つけるために加算計算を完了し、31

私たちのページを参照してください:乗算そして分割多くのための。

足し算と引き算

最後のステップは、添加または減算。繰り返しますが、減算と加算は等しくランク付けされ、左から右に作業するだけです。

例:

4 + 6-7 + 3 =?

あなたは左側から始めて、あなたの道を横切って進みます。

4 + 6 = 10
10-7 = 3
3 + 3 = 6
答えは6

私たちのページを参照してください:添加そして減算多くのための。

すべてをまとめる

この最終的な作業例には、BODMASのすべての要素が含まれています。

例:

4 + 8×(30÷5)=?

括弧内の計算から始めます。

30÷5 = 6
これはあなたに4 + 8を与えます×6 =?

次に、次数を計算します。この場合は8の2乗です。

8= 64
これで計算は4 + 64×6になります

次に、64×6 = 384の乗算に移動します

最後に加算を実行します。 4 + 384 = 388

答えは388



BODMASテストの質問

BODMASのルールは、いくつかの実践と例で最も理解しやすいものです。

これらの計算を自分で試してから、ボックスを開いて(左側の+記号をクリックして)、動作と回答を確認してください。

3 + 20×3

この計算には括弧や順序はありません。

  1. 乗算は加算の前に行われるため、20×3 = 60から始めます。
  2. 計算は3 + 60になります

したがって、答えは63

25-5÷(3 + 2)

  1. 角かっこから始めます。 (3 + 2)= 5。
  2. 計算は25−5÷5になります
  3. 除算は減算の前に行われます。 5÷5 = 1。
  4. 計算は25−1を読み取ります

したがって、答えは24

10 + 6×(1 + 10)

  1. 角かっこから始めます。 (1 + 10)= 11。
  2. 計算は10 + 6×11になります
  3. 乗算は加算の前に行われます。 6×11 = 66。
  4. 計算は10 + 66になります。

したがって、答えは76

5(3 + 2)+ 5

この計算のように符号がない場合、演算子は乗算であり、5×(3 + 2)+5と書くのと同じです。

  1. 最初に括弧内の計算を完了します:(3 + 2)= 5。
  2. それはあなたに5×5 + 5を与えます
  3. 次のステップは注文、この場合は正方形です。 5= 5×5 = 25。これで、5×5 +25になります。
  4. 除算と乗算は加算と減算の前に行われるため、次のステップは5×5 = 25です。これで、計算は25 + 25 = 50になります。

答えは50

(105 + 206)-550÷5+ 10

これはすべてを持っています!しかし、慌てる必要はありません。 BODMASは引き続き適用され、計算の選択を解除するだけです。

  1. 角かっこから始めます。 (105 + 206)= 311。
  2. 計算は311–550÷5になります+ 10
  3. 次に、命令または権限。この場合、それは5です= 25。
  4. 計算は311–550÷25 + 10になります
  5. 次に、除算と乗算。乗算はありませんが、除算は550÷25 = 22です。
  6. これで、計算は311 – 22 +10になります。
  7. まだ2つの操作が残っていますが、足し算と引き算のランクは同じなので、左から右に移動します。 311 – 22 = 289、および289 + 10 = 299。

答えは299

7 + 7÷7 + 7×7-7 =?

このような問題は、ソーシャルメディアサイトでよく行われ、「90%の人がこれを間違えている」などのキャプションが付いています。正しい答えを得るには、BODMASのルールに従ってください。

  1. 角かっこや順序はないので、除算と乗算から始めます。
  2. 7÷7 = 1および7×7 = 49。
  3. 計算は7+ 1 + 49 –7になります
  4. 次に、足し算と引き算を行います。 7 + 1 + 49 = 57 – 7 = 50

したがって、答えは50


どうだった?

うまくいけば、あなたはすべての答えを正しく得ることができました。そうでない場合は、戻ってどこで問題が発生したかを確認し、ルールをもう一度読み直してください。

練習すればするほど、BODMASは簡単になり、最終的にはそれについて考える必要さえなくなります。

次の手順に進みます。
分数|小数
平均(平均、中央値、最頻値)